最新情報

NEWS & TOPICS

2019.11.08
未分類

Mystery Skype(中学2年)

Today, the 2nd Grade junior high school students took part in a “Mystery Skype Game”.

本日、中学2年生が「ミステリースカイプ」に挑戦しました。

 

Mystery Skype is an education game, invented by teachers, played by two classrooms on Skype. The aim of the game is to guess the location of the other classroom by asking each other YES / NO questions.  The game is in English only.

Mystery Skypeは、Skypeを利用して日本の教室と海外の教室を繋ぎ、英語でYes / Noで答えられるClosed Questionのみを使用して、スクリーンに映る生徒たちがどこの国・都市の生徒なのかをあてる、交流学習です。

 

After many questions, we discovered that the school was in Brisbane, Australia.  The Australian school found it difficult to find Fukaya, but they eventually discovered our school too.

何回か質問をお互いにし、相手の学校はオーストラリアのブリスベンにあることがわかりました。相手はこちらの居場所を特定するのに苦労していましたが、最後には深谷にたどり着くことができました。

 

This was a fantastic chance for the Seitoku students to use English to communicate in a real, active learning situation.  It was also, coincidentally, a great chance to learn more about Australia before the school trip in February 2020.

生徒たちにとって今回の経験は、本当のアクティブラーニングを経験しながら英会話を練習できたとても貴重なものになりました。

また2020年2月のオーストラリア修学旅行に向けても、最高の事前学習になったと思います。

 

The Seitoku students are looking forward to participating in another Mystery Skype lesson in the future.

次回はまた違う学校と「ミステリースカイプ」で交流できることを楽しみにしています。